トップページスポット一覧羅臼のグルメについて

らうすのみどころ:羅臼のグルメについて

羅臼のグルメについて
グルメ
羅臼町は漁業の町。
たくさんの種類の海産物を味わうことができます。

冬から春にかけては「タラ」、夏は丸々とした身と脂のりが抜群の「時鮭(ときしらず)」、ボタンエビや幻のエビ「ブドウエビ」、サクラマス、カラフトマス等。

秋は「秋サケ」、希少な「鮭児(ケイジ)」、知床羅臼銀毛鮭「羅皇」、「イカ」。

冬は「キングサーモン」や「クチグロマス」、「スケトウダラ」、そして流氷の季節の「エゾバフンウニ」。

他にもツブ、タコ、キンキ、ホッケ、オヒョウ、ソイ、カレイは4月頃から12月頃までと長い期間漁を行っている魚種も。羅臼では流氷が来ていても出漁することができるため年中通して色々な海産物が水揚げされています。

これらの旬の海産物は、町内の飲食店で楽しめるほか、道の駅などでも購入することができます。
黒ハモ丼など、羅臼に来なければ食べられないレアなメニューも。

町内の飲食店は20軒以上。羅臼にお越しの際は、観光案内所や地元の人におすすめのお店を聞いて、お気に入りの一軒を探してみてください。
住所 各お店に問い合わせ
お問い合わせ
ページトップへ